モノ

ネスプレッソマシン選定。エッセンサミニの感想

最近、長年、拙宅で活躍してくれた
コーヒーマシンを手放すことになった。
コーヒー好きの拙者は、
焙煎したての豆を使ってハンドドリップするか、
ネスプレッソが気に入っている。



ネスプレッソは、Citizというマシンを、
10年近く愛用したのであるが、
そろそろ限界を感じて、買い替えることに
したのである。

10年愛用したマシンを買い替えるので、
どういう機種にするか、あれこれと悩んだ
のであるが、
エッセンサミニ C30 という機種に決定。
決め手は、下記の3点。

・コンパクト(場所をとらない)
・静音設計
・値段

コンパクト

一般的に言って、日本の住宅事情から
は、マシンは小さい方が有難い。
拙宅でも同事情である。

静音設計

コーヒーは、
子供が寝ている時こそ、ゆっくり
飲みたいのであるが、
コーヒー抽出時の、マシンの地鳴りの
ような音で、子供が起きるのが心配で、
今までは、子供が寝ている時は、
ハンドドリップでコーヒーを飲んでいた。
エッセンサミニ C30は、静音設計であると、
お店の店員さんから伺い、
実際、その場でデモしてもらったりもした。
(正直なところ、騒々しい店頭では、
静音なのかどうかよく分からなかった
のであるが、少なくとも、
今までよりは良くなっている
であろうと思った。)
自宅で早速試したところ、
音は、かなりマイルドになっている。
カミさんが、子供が寝ている時に
試してみたら、起こさずに済んだらしい。
(今のところまだ、実験回数1回。)

値段

値段が一万円前後であることも有難い。
値段について曖昧な記載をしたのは、
拙者は、お店で買ったので、ほぼ
定価で買ったのであるが、
アマゾンでは少し
安くなる傾向があるようである。
(ニンテンドーSwitchのように、
ネットで流通しているモノの方が
高いこともあるので注意を要する。)

拙者の意見を押し付けるつもりは、
毛頭ない。
もし、コーヒーマシン選定で、
お悩みの読者がおられたら、
少しでも参考になれば幸いである。

ABOUT ME
アバター
ヘーシロー。
地方大卒。エンジニア歴20年近いオジ。
最初の職場はブラック。
長年の忍耐を経て、
ブラック脱出を決意。
就職先の影も形もない状況で浪人する。
ブラック脱出後、メーカーや商社で、
自身の英語と技術知識に自信を持つ。
リスクをとっても
ブラックからは脱出すべきと確信。
リスクをとる個人が増えることを願い、
技術記事やキャリア形成、
英語について、
思うところを発信する。
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。