技術記事

テブナンの定理と等価回路を分かりやすく解説します!

テブナンの定理一覧

今回は、
「テブナンの定理」と
等価回路について。

テブナンの定理はどういうときに使うか

図1の回路Aの端子a-b間に、
負荷を接続したいとします。
回路Aの端子a, b間に
現れる電圧は、
負荷を接続していないときは、
“Vn”となっていますが、

図1

この電圧Vnは、
端子a, b間に負荷を接続すると、
負荷のインピーダンス:Z1により、
端子a, b間の電圧は、
変わってしまいます。(図2)
変わった結果の電圧を”Vx”
としましょう。


図2

このVxをどのように求めるか。
ここで、
テブナンの等価回路を
使用して、
Vxを求める式を導出します。

テブナンの等価回路

テブナンの等価回路を
作成するには、
まず、
端子対a,bからみた、
回路Aのインピーダンスを
求める必要があります。
回路Aに含まれる
電圧源を短絡、
電流源を開放して、
端子aからbの
インピーダンスを求めます。(図3)

図3

図3のようにして求めた
インピーダンスが、
“Z0″だったとすると、
図4が図2の等価回路となります。
図4では、
回路Aが、
図1で端子a-b間に現れる電圧:Vn
を電圧源として、
インピーダンスがZ0が
直列に接続された回路として、
現されていますね。


図4

テブナンの定理

したがって、
Vxは、
下記の式で求められます。
V_{x}=V_{n}*\frac{Z_{1}}{Z_{0}+Z_{1}}

以上を一覧の図にまとめたのが、
下記の図になります。

テブナンの定理一覧

出版された本でも確かめておきたいという方は

ネットで納得しても、
出版された本で
確かめておきたいという方へ。
その感覚は分かります。

目次に
「テブナンの定理」
がある本を
ピックアップしましたので、
念のためご参照いただけましたら
幸いです。

以上、お役に立てば幸いです。

ABOUT ME
アバター
ヘーシロー。
幼い頃より慈悲の心に目覚め、
現在は慈愛に満ちたパパ。
エンジニア歴20年近いオジでもあるが、
会社では全然エラくない!

このままでは、
自分が培ってきた技術が
ただただ埋もれていくと
危機感を持つ。

最初に勤めた会社は、
色々な事が許せず退職し、
就職先の影も形もない状況で浪人。

浪人後に就職したメーカー・商社で、
自身の英語と技術知識に自信を持つ。
年収は浪人前の1.5倍。

最近はブログに目覚め、
技術記事やキャリア形成、
英語について、
思うところを発信する。
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。