IT

「えきねっと」は不便すぎる!!旅行代理店を利用しよう。

ヘーシロー。は、
数ヶ月前、
実家の法事に行ってきました。

法事は、
田舎の人にとっては
重要なイベントです。

孝行息子である拙者は、
せっせと、
新幹線とローカルの特急
を乗り継いで帰省し、
法事に参加しました。
法事については、
色々とお話したいことがあるのですが、
今回は、チケット手配について。

えきねっとでのチケット予約は失敗!

関東在住の拙者の実家は、
新幹線が通っていない
田舎にあります。
そのため、
新幹線と在来線の乗り継ぎ
があります。

最初はJRの「えきねっと」
予約を試みた。

さて、
乗継のパターンは
いくつかあります。

えきねっとのシステムは、
どのように乗り継ぐかを
あらかじめ
決めた上で、
えきねっとを起動して
入力しなければ
ならない仕様と
なっています。

システム上で、
乗継のパターンを
複数表示させて、
検討しながら、
どのパターンにするか
決めたかったが、
「えきねっと」のシステムには、
そのような機能は無い。

そこで、
エキスパートのようなソフトで、
いくつか乗継のパターンを検討して、
乗継の内容を検討して決める。
それから、「えきねっと」で、
乗継設定し、予約。
「えきねっと」上で乗継設定
する方法もわかりづらく、
かなり難航。
何とか設定して、
最後にもう一度考えて、
決心してから、
決定ボタンを押した。
えきねっと起動から
ここまでに要した時間は
1時間は超えたであろう。
その結果、
なんと、
「時間切れ」
で設定できなかった。
(一定時間内に購入完了しないと、
入力済の情報が無効になるため、
せっかく一所懸命
に考えて決めた事が、
手続きの最終段階で無効になる。)

拙者は、
平日の出勤前に、
この作業を実施していたので、
朝の一時間(以上)が
ムダになった

この日はチケット予約を諦め、
とてもモヤモヤしながら、
出勤。
朝の時間を、
ムダにされてしまったのが、
悲しい。

旅行代理店でチケット購入が楽

そこで、
旅行代理店(近畿日本ツーリスト)で
チケット購入することにした。
これが多分、
一番楽で快適。
窓口で、
「あーでもない」「こーでもない」
と話しながら、
乗継内容から決める拙者は、
お店にとっては迷惑
だったかもしれない。

しかし、
無機質なWEB上のシステムで、
四苦八苦するより、
拙者にとっては、
気分的に楽だった。
ただし、
変更やキャンセルは、
代理店の窓口に再度、
訪れなければ
ならないらしい。
(一つ文句を言うなら、
最初にそれを言ってほしかった。
購入の最終段階で
言われたと記憶している。)

結果分かった事は、
「えきねっと」は不便すぎる。
「旅行代理店でチケット手配が正解」
ということである。

以上、法事(チケット手配編)でした。



ABOUT ME
アバター
ヘーシロー。
地方大卒。エンジニア歴20年近いオジ。
最初の職場はブラック。
長年の忍耐を経て、
ブラック脱出を決意。
就職先の影も形もない状況で浪人する。
ブラック脱出後、メーカーや商社で、
自身の英語と技術知識に自信を持つ。
リスクをとっても
ブラックからは脱出すべきと確信。
リスクをとる個人が増えることを願い、
技術記事やキャリア形成、
英語について、
思うところを発信する。
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。