英語

英会話学校を活用するなら「TOEIC対策」などテーマを絞るべし。

こんにちは。
英語の独学にそろそろ限界
を感じ始めている拙者
ですが、
今回は、英会話学校について
思うところを述べてみたいと
思います。

丸一日英語漬けが理想。しかし実現は難しい

最初に就職した会社では、
一年目の最後の方に、
英語の研修があり、
週に一回、
9:00-17:00 の時間帯、
日本語禁止で、
みっちり英語漬けになりました。
これは、非常に良かったです。
TOEICの点はそんなに
変わらなかったのですが、
テレビで見る外人のインタビュー
がかなり聞き取れることが
増えました。

学生の時に会った
英語の先生も、
「日本語が使えない環境に
一定期間、身を置くことで
英語が飛躍的に上達する」
と言っていました。
それ自体は、おそらく正しい
と思います。

しかし、そのような事を
実現できる状況にある人は
ほとんどいません。
拙者のように、
週に一回、9:00-17:00の
時間を、約3ヶ月間、
確保するだけでも、
上司の嫌味を無視する
というレベルの
リスクは伴います。

1時間くらいのレッスンなら「テーマを絞る」

通常、英会話学校に避ける時間は、
週に数回、1時間程度くらい
なのではないでしょうか。

そこで、
拙者がおススメするのは、
「テーマを絞る」ということ
です。
例えば、「TOEIC対策」とか、
「電話会議対策」とかですね。

拙者も学生の時、
英会話学校に通ってみた
ことがありますが、
週に1回、40-50分くらいの
レッスンを、
半年、一年続けても、
なかなか英語力が向上した
感じはなく、
また、TOEICの点も上がり
ませんでした。

ただし、
TOEIC対策(文法)のコースで、
文法を再度学んだのは良かった。
このコースも確か一回50分程度
でしたが、
TOEICで多用される文法
(分詞構文などの「お約束」)
を重点的に学び、初めて
TOEIC: 600点を突破しました。

大学生というものは、
文法やリーディングに
自信を持っているものです。
しかし、
外人が話すスピードで、
文章を読めるでしょうか。

また、テストで点数をとれる
ことと、
文章を実用レベルで理解
できることの間には、
かなりのギャップがあります。

そのことに、うすうす気づいて
いた拙者は、TOEIC対策(文法)
にテーマを絞って受講すること
にしました。
これは、その後、すごく役立った
ように思います。

おススメのレッスン

一回あたり55分で、テーマを
絞って受講できる講座をみつけました
ので、ご興味のある方は、
こちらの公式サイトで、確認してみて
ください。



ABOUT ME
アバター
ヘーシロー。
地方大卒。エンジニア歴20年近いオジ。
最初の職場はブラック。
長年の忍耐を経て、
ブラック脱出を決意。
就職先の影も形もない状況で浪人する。
ブラック脱出後、メーカーや商社で、
自身の英語と技術知識に自信を持つ。
リスクをとっても
ブラックからは脱出すべきと確信。
リスクをとる個人が増えることを願い、
技術記事やキャリア形成、
英語について、
思うところを発信する。
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。