英語

イラン、初の国産戦闘機をお披露目 from NHK world – Japan

NHK world – Japan から
今日の気になるニュース。
今回は、中東から。

中東は、アメリカやヨーロッパの
人たちの関心が高く、中東の情勢は
主要国の行動に大きく影響する
ように思います。

イラン、初の国産戦闘機をお披露目

アメリカによる再度の
経済制裁の中、
イランは、初の
(自称)国産戦闘機:Kowsar
をお披露目しました。
今週火曜にテヘランで、
Kowsarをお披露目する
セレモニーが開催され、
ロハニ大統領をはじめとする
政府高官や軍事関係者が
出席しました。
ロハニ大統領はKowsarの
コックピットに座る
パフォーマンスの後、
「アメリカは攻撃してこない。
それは、我々の強さと
(攻撃の)結果を知っている
ためだ。」とスピーチした。

イランの国営放送によると、
Kowsarは、
第四世代の戦闘機で、
アメリカのF16に相当する。
Kowsarは標的の飛行機を
精度よく捉えることが
出来るような先端の
レーダーシステムを
搭載している。
国営放送では、
軍の支配下にある国営企業
はもちろん、大学、研究機関
も協力して、Kowsarの開発が
行われたと述べられ、
Kowsarの飛行のシーンや、
製造の様子を表す映像も
放送された。

ニュースは以上。

NHK world – Japanの元記事:
Iran unveils first domestically-made fighter jet
(元記事と上記の内容に
相違がある場合は、
元記事の内容を
優先してください。
また、
内容に間違いがありましたら、
ご指摘いただけますと幸いです。)

ビジネスマン必見の情報誌は
「ウォールストリート・ジャーナル日本版」。
英語や世界情勢に関心の高い方は、
下記リンクをご参照してみてください。
ウォールストリート・ジャーナル日本版

英会話上達を目指す方は、下記必見です!
【24/7 ENGLISH】英語の勉強に終止符を

ABOUT ME
アバター
ヘーシロー。
地方大卒。エンジニア歴20年近いオジ。
最初の職場はブラック。
長年の忍耐を経て、
ブラック脱出を決意。
就職先の影も形もない状況で浪人する。
ブラック脱出後、メーカーや商社で、
自身の英語と技術知識に自信を持つ。
リスクをとっても
ブラックからは脱出すべきと確信。
リスクをとる個人が増えることを願い、
技術記事やキャリア形成、
英語について、
思うところを発信する。
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。